ごあいさつ

古瀬勉理事長

平成22年4月に芦別の中野記念病院の院長として着任し、今年の7月から医療法人仁恵会の理事長に就任しました。

芦別はアイヌ語のアシペッ(aspet 灌木の川)で芦別川が灌木の中を流れていることに由来するといわれています。芦別岳連峰の深い緑と、芦別川の豊かな水に囲まれた芦別の地はかつて産炭地として栄えましたが、産業構造の変化に伴い街の構造も大きく変わりました。しかしこの豊かな自然は昔も今も変わりません。

当院は昭和31年中野重雄によって芦別精療院の院長として開設され、豊かな自然にはぐくまれた『家庭的雰囲気の療養環境』作りをモットーにして運営されてきました。平成22年に全面的に改築され、中野記念病院として再出発しておりますが、その基盤は変わっておりません。芦別の大地で豊かな自然の恵みを受けながら、ゆったりとした時間の流れの中で患者さんに『癒し』の力が生まれることを職員一同願っております。

医療法人仁恵会 理事長
中野記念病院 院長
古瀬 勉